意識向上を目指すなら組織診断|質の高いサービスを実現する

男性

新たな決済方法

女性

電子記録債権のメリット

でんさいとは電子記録債権の略で中小企業などの事業拡大のための資金を集めるために2008年12月から施行が始められた制度です。でんさいはいままでの手形や債権と異なり保管箇所を必要としないため、盗難や金庫などのコストがかからないといったメリットがあります。また、リアルタイムで移動記録が保存されるために、いつ、だれが債権の権利者であるかがひと目で分かるようになっています。また取引中の債権の権利者がわからなくなるといったことを防ぐために善意取得・人的抗弁の切断などさまざまなフェールセーフを用いて安全性を確保できるようになっています。でんさいを使用するためには各金融期間の窓口を経由して発生記録をでんさいネットの記録原簿に載せるだけととてもわかり易くなっています。また、でんさいの分割や他の人、企業への受け渡しも同様に行うことが出来ます。そして、支払い日にはその企業の銀行の口座から自動的にお金を引き落としてくれます。そのために払い忘れによる、不渡りの心配がありません。また、窓口による手形の発行の手続きも不要のため、決済日に銀行の窓口の行列に並ぶ必要がないため、ストレス無く、支払いを終えることが出来ます。このように便利なでんさいを使用するためには自社のシステムだけではなく取引先も変更する必要があります。しかし、でんさいへの移行の説明は金融機関の方から行ってもらえるサービスもあるため、安心できます。